眠っているゲーム機

ファミコンテレビでも、レトロゲームを中心にした番組ができるようになりました。古きゲームが、現在の高機能機種と比べて、優れていることはありません。すべてがけた違いに違うからです。ですが、面白さという面で比較すれば、負けているわけではないといえます。それはなぜかといえば、制限された中で作られてきたからです。ファミコンも注目されるようになりましたが、今とは違いハードの限界があります。ロムひとつをとっても、容量は少なく、何でもできるわけではありませんでした。もちろん、ハードとしても限界があったため、制限された中でさまざまな工夫を繰り返し、練りに練って作られていったところの面白みは、今のゲームでは超えられない壁として存在しています。だからこそ、今遊んでも面白いといえるでしょう。

ファミコンは、再び人気になってきているのは間違いありません。ですが、本体の生産は、ずいぶん昔に終了しているため、新しい本体を手に入れることはできない問題があります。互換機も発売されるようになりましたが、ロムのスロットの問題などもあり、うまく使えないことも出てきているのですから、純正機種が一番といえるでしょう。

もしも、いまだに眠っているファミコンがあるのであれば、買取査定を考えてみるのが重要です。特に遊ばずに眠らせてあるのであれば、お金に換えてしまうのもひとつの選択です。状態が良ければ、驚くほどの金額になるのですから、この機会を参考に買取りを考えてみてはいかがでしょうか。


≪推奨サイト≫
ゲームの買取サイト<買取コレクター>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket